喜多 ゆみ(きた ゆみ)

 

歳からピアノ、16歳からフルートを始める。

相愛大学音楽学部器楽科管楽器フルートを専攻。

在学中、京都芸術際に出演、

第4回フルートコンベンションコンクール・アンサンブル部門で銅賞受賞。

オーケストラでフルートトップを担当。

レンク開催のアカデミークラスにて、P・Lグラーフに師事。首席卒業。

同大学卒業後、各卒業演奏会に出演、神戸国際ホール、いずみホール等でリサイタル開催。

大阪チェンバーオーケストラ、ウィーンモーツアルト・トリオなどと共演し、好評を博す。

他、ディナーショー、ラジオ出演、アンサンブル・エリオに所属し、各地演奏旅行など、

クラシック、ジャズ・ポピュラー等幅広いジャンルに渡り意欲的に活動に取り組む。

 

フルート演奏活動中、アンブシュアジストニアを罹患し、その後は演奏活動を一時中断して後進の指導に力を注ぐ。

現在、ピアノソロや伴奏等の演奏活動、

学校や音楽教室などでピアノ、フルート講師に従事。

ジストニアをきっかけに、アレクサンダーテクニーク講師佐藤氏の指導を受ける。身体と楽器のスムーズな演奏の在り方を学び、

楽な演奏をテーマにアプローチするレッスンを展開。

楽しく、心豊かに♪をモットーに日々レッスンに取り組んでいる。

講師歴25年。

待永 望、若林正史、山腰直弘、W・ヴェネット、C・ラルデ各氏に師事。